適応障害の引きこもり人生

引きこもりの現状や葛藤、そして生きがいなど書いていきたいと思っています。よろしくお願いいたします。

溜息が嫌い

どうもchomeyukiです。

 

私は良く溜息をつきます。

 

働いていた時は、ストレスで溜息をつくことが増えていました。

失敗を押し付けられたり、叱責ばかりされ、いつからか溜息ばかりついていました。

 

適応障害で引きこもりになった後も、溜息をついていました。 

自分の不甲斐なさに。

 

一方で溜息を聞くのは嫌なんです。

親も家で溜息をつきます。それを聞くだけで不快になります。

 

しかし親も私の溜息で嫌な思いをしたでしょう。

今は人がいる時は、意識的に溜息をつかないようにしています。

出来るだけ人に聞かれないように。。

 

出来る事なら溜息をつくのをやめたいです。

聞いてる方も不快に感じますから。。

それには根本を断たねばなりません。

 

2年以上も休職し、考える時間はあったにもかかわらず、何も考えず、

何も決断できず、変わらない自分の不甲斐なさが、

溜息の原因となっていると考えます。

 

それでも最近、溜息が減った気がします。以前より活動的になり、少しずつですが、自分に自信を持てるようになってきたからかもしれません。

それに伴い、親も溜息をつく回数が減ったことに気付きます。

 

お互いに悪循環に陥っていたのかもしれません。

はやく溜息をつかない生活にしたいです。