適応障害の引きこもり人生

引きこもりの現状や葛藤、そして生きがいなど書いていきたいと思っています。よろしくお願いいたします。

友人0人

どうもchomeyukiです。

 

私は30半ばで適応障害になり引きこもり、全ての連絡を断ち、友人がいなくなりました。

 

私は友人が多い方だったと思います。

年末年始、GW、お盆の時期などには連絡を取り合い、旅行に行ったり、飲みに行ったり。

結婚式も毎年のように招待状が届きました。

 

全ての連絡を断ちと書きましたが、そのほとんどが一度メールを返さなかっただけです。

今はもう誰からも連絡がきません。

失うのって簡単なんだと思うと同時に、今までの関係性はそんなものだったんだと思い知りました。

 

友人なんて必要ないという人のことを以前は、友人がいない人の強がりだとばかり思っていました。

でも違いました。

友人がいなくても生きて行けます。むしろ変なしがらみが無くて、楽だと感じます。

私はただの強がりなのでしょうか。。

 

最初からいない人だっています。

結婚して自然消滅する人もいます。

それでも未練があるのかもしれません。。

 

友人といる時、私は楽しかったのです。

 

では、今は?

友人0人になり、どこかほっとしています。

適応障害で引きこもりになり、怖くて会社に行けず、自分のこともまともに出来ない姿を見せずにすむからです。

最も恐れていることは今、会うことです。

 

友人なんて必要ない。

そう言い聞かせて自分を納得させます。

 

ふと考えます。

本当に私のことを心配していた人がいたのかなと。。

少し寂しさもあります。

 

もしこの先、友人ができ、友人が私のような状況になったら、どんな対応が良いのか考えます。

私だったら、孤独にだけはさせないように、メールだけは継続して送り。。

友人から頼られるのを待つ。。そんなところでしょうか。。

 

積極的に関与する。。

人にもよるし、病状によっても違いがあると思います。

 

何が正解かは分かりません。