適応障害の引きこもり人生

引きこもりの現状や葛藤、そして生きがいなど書いていきたいと思っています。よろしくお願いいたします。

適応障害の引きこもりと感謝されることの嬉しさ

どうもchomeyukiです。

 

先日、父が体調を崩し、家に運転できるのが私しかいませんでした。

父を病院まで送りました。

 

父から「ありがとう」と言われました。

久しく聞いていない言葉を聞き、少し戸惑いましたが、どこかで嬉しさを感じていました。

その後、母からも「ありがとう」と言われました。

 

当たり前のこと。。

何をそこまで。。

 

ある記憶が蘇ります。精神的に今より酷かった時の記憶。

母が体調を崩した時、私は半年以上風呂にも入らない生活をしていた時で、私は何もしませんでした。

それどころか、乗せて行って欲しいと言われたのに断ったのです。

母はタクシーを呼んで病院に行きました。

その時は廃車にする前のことで、まだ私の車がありました。

 

そんな私の口から

「乗せて行こうか?」と父に言いました。

父は、

「大丈夫。自分で運転できる。・・・やっぱり乗せて行ってくれるか。」と言いました。

少し考えて言葉を変えたのは、私に配慮してのことだったように思います。

 

私は適応障害で引きこもりになってから感謝することはあっても、

感謝されることはありませんでした。

 

仕事をしていた時、「ありがとうございます」を良く言っていましたし、聞きました。

適応障害で引きこもりになり、それはなくなりました。

 

最近、感謝を言葉に出すようにしています。

駅まで送ってもらった時など、小さい声ですが「ありがとうございます」と。。