適応障害の引きこもり人生

引きこもりの現状や葛藤、そして生きがいなど書いていきたいと思っています。よろしくお願いいたします。

シーツを替えました。スイッチが入りました。

どうもchomeyukiです。

 

シーツを久しぶりに替えました。

シーツってどれくらいで替えるものなのかは分かりませんが、私の場合、不快感が出てきたら交換します。

ベッドにいる時間が長いので、汗もかきますし、湿った感がでたらです。

何ヵ月ぶりだろう??

 

替える回数としては少ない方だと思います。

働いていた時も、彼女がいれば別ですが、特に一人暮らしをしていると替えるのも適当です。

 

また、暖かくなってきたこともあり、薄めのシーツにしました。

 

シーツを替えただけですが、思った以上に気持ちがスッキリし、せっかくだから部屋も掃除しようとやる気をだしました。

 

久々に窓も開けました。

部屋で風を感じるのも良いものです。気持ち良かったです。

 

掃除機もかけました。

6畳の部屋なので、直ぐに終わると思っていました。

厄介だったのは、異常に輪ゴムが落ちていたことです。薬を縛っているやつですね。

後は、掃除機が少し壊れ気味で、吸い込む力が弱く、思ったより時間がかかりました。

 

シーツの交換で何かやる気スイッチが入った気分です。

ちょっとしたきっかけで、動けるようになるんですね。

 

折角なので、布団も干せば良かったと後悔しました。

 

ずっと引きこもっていると気付きにくいことも、一つの変化で些細なことですが、様々ことに気付きを得る一日となりました。

 

また、シーツを替える頻度も半月に1回程度に見直そうと思いましました。。